ホーム > 今日の一言 > 一覧表示 - カレンダ表示 - ワード検索 > 2006年09月(2) - 逆順表示

歴史的な日 - 2006/09/15(Fri)
今日は私にとって、歴史的な日となった。

子どもが生まれたのだろうと思われるかもしれないけど、
残念ながら子どもはまだお腹の中。

今日はマイホームを建てる契約をしてきた。
来年の春頃には建つ予定となっている。

親の支援が得られるということもあり、価格は莫大…

頑張って働くっきゃないな。

って、

どれだけ頑張っても給与は変わらないか。。。
一夜 - 2006/09/29(Fri)
9月15日、マイホーム契約という歴史的な日を迎えた。
今日は、もう一つの歴史的な日…そう、子どもが誕生した。

昨日11時から陣痛誘発を始め、実に24時間後の本日11時3分。
2860gの元気な女の子が誕生した。

助産師は、日勤→準夜→深夜→日勤と4回の交代を経るが、
当然のことながら産婦はずっと一人で頑張るしかない。
睡眠も取れずに激しい痛みに耐えるしかない。

これが産みの苦しみってやつなのか…

旦那が立ち会えない夫婦は大勢いるが、
この長く険しい道のりは
到底、産婦一人で乗り越えられるものではないように思えた。

なんでこんなに大変な思いをしなければならないのか…
そんなことを愚痴りながら乗り切った一夜だったけど、

夫婦2人で力を合わせて乗り切った感じがして
自分は何故だかとても感動している。

でも、

頑張ってくれた妻に、
「ありがとう」の一言も伝えていない。

先に「お疲れ様」と言ったのは、
私ではなくて妻の方だった。

自分でもよく分からない感情なのだけど、
涙がポロポロ流れてくる。

感動しているのか、申し訳ないのか
それすら分からないのだけど、

私も頑張らないといけない。

そう思う。


- 今日の一言 v1.64 -