ホーム > ICU奮闘記 > 一覧表示 - カレンダ表示 - ワード検索 > 2005年09月(21) - 逆順表示

3領域隔清 - 2005/09/12(Mon)
 今日は準夜勤。胸腹部大動脈瘤の人工血管置換術後で、呼吸不全で抜管できずに焦げ付いてる患者さんと食道癌3領域隔清をした患者さんの受け入れをした。受け入れなんてここ1か月くらいしてないのではないかというくらい久々だし、EK受け入れは初めてでドキドキした。受け入れ自体は意外に簡単な気がしてきたけど、さすがに術直後は状態が不安定なので、薬剤の追加・変更やらボリューム負荷やら指示がたくさん出るのでせわしない。結局すべては時間内にこなせなくて、先輩に手伝ってもらって何とか終われた感じ。まだまだだな。
ああなりたい - 2005/09/13(Tue)
 今日は日勤。くも膜下出血で動脈瘤クリッピングをしてきた患者さんを受け持つ。深夜勤の人から引き継ぐとすぐにCTへ行くことになって、始業時の点検もままならないうちに出発。患者さんは体重96kgという私の2倍もある巨漢で、検査台に移すのも一苦労。朝から汗だくになって肉体労働って感じ。

 ICUの医局長である医師はなかなか格好いい。頭は切れるし、技術はあるし、人間的にも大人な感じ。今日も、人を代え場所を変え2時間もかかって留置できなかったAラインを、サクッと一回で入れてしまった。さすがだ。私もああなりたい。
平和 - 2005/09/15(Thu)
 今日は救急外来での準夜勤。日勤から引き継ぐとすぐにたくさん患者さんが来院され、なかなか慌ただしかった。普段は温厚な医師が「オレだって忙しいんだから!」と怒っていたのが印象的だった。

 ほぼ同時期に心筋梗塞をICUへ、脳梗塞を全科共通病棟(最上階にあるすべて個室のVIPが入る病棟)に入院させると急に誰も来なくなり、みんなでボーっと過ごす。最後の方にパラパラ患者さんが来たけど、あまり重症ではなく…平和ってのはいいね。
前代未聞 - 2005/09/16(Fri)
 今日は遅番勤務。普通なら土日は手術がないので、月曜日のICU入室予定者に対してオリエンテーションをするのだけど、おかしなことに明日(土)は予定の緊急手術?があるとかで、2日分のオリエンテーションをすることに…師長はこんなことは初めてだと言っていた。それにしても土曜日に生体肝移植とは…休みで良かった。
電話相談 - 2005/09/20(Tue)
 今日は救急外来での準夜勤。珍しいことに救急車から電話すらかかってこず…独歩の患者さんばかりがコンスタントに来院された。救急外来では実際に来院される患者さんだけでなく、様々な電話相談もかかってくる。これがまた多種多様な相談で困ったりする。その対応方法も人によって教えることが違って、どう対応するのが良いのやら分からない。これも知識と経験が必要なのかなぁ。
手薄 - 2005/09/21(Wed)
 今日はICUでの日勤。心不全で救急外来からICUへ直入した老年科の患者さんを受け持つ。順調に呼吸器をウィーニングしてインスピロンまではいったのだけど、インスピロンでは十分に酸素化できず…日勤帯での抜管は断念した。ICUにきてもうすぐ半年…未だに1回しか抜管についたことがない。結構よくあることなので、きっと周りのスタッフは、私がそこまで経験してないとは思ってないのだろうな…ちと不安ですな。
経験 - 2005/09/22(Thu)
 今日から日勤・深夜。夜中3時すぎに手術が終わった耳鼻科の患者さんを受け持つ。深夜勤のスタッフから引き継ぐと、まだ点検も済まないうちから抜管。そして午後には退室させる。その20分後には血管外科の患者さんを"主"で受け入れる。まだ抜管も2回目だし、耳鼻科を受け持つのは初めてなのに退室でサマリー書かなければいけないし、受け入れもまだ5回目くらいだしで、なかなか経験の多い1日だった。それでも以前ほどはヘトヘトにならないのは、ICUに慣れてきた証拠かな。


[前の7件表示]  [ICU奮闘記]   [次の7件表示]
- 今日の一言 v1.64 -