ホーム > 思い出の部屋 > 卒業文集より


カテゴリ一覧
卒業文集より
やっと泳げた30メートル
永遠の宝物
学校詩集より
個人的な経験

やっと泳げた30メートル

 ぼくは水泳が大の苦手できらい。体は冷えるし、15メートルぐらいしか泳げない。飛び込みは失敗して腹を打っていたいし、鼻に水が入ってツーンとしていたい。ぼくにとって水泳はいいとこなしだ。五年生の時、ぐうぜん泳げた25メートル。その時だって死ぬほど苦しかった。ぼくは自分に泳ぎのセンスがないんだと思っていた。

 先生が教えてくれた通りに泳いでいるつもりなのにほとんど15メートルぐらいだ。みんなは何で50メートルも泳げるんだ。またぼくは夏休みに特別練習なのかと思った。

 夏休みの特別練習。ぼくはクロールをすることにした。今日こそは25メートル以上泳ぐぞと思って泳いだ。一回のびるというけどそんなひまはない。早く息をしないと苦しくなってしまう。もうだめだ。立ってしまった。やっぱり15メートルだ。他の人はどんどん50メートルを泳ぎ切っていなくなっていく。もう10人くらいしかいない。神様はぼくを何で泳げないようにしたんだと思ったこともあった。

 次の特別練習の日。K先生に、
「苦しいのはみんないっしょなんだからがんばって泳げ。」
と言われて、ぼくは、みんな苦しさのかべをこえて50メートルを泳いでいるんだと思って、できるだけがんばった。苦しい。いつもならここで負けるんだ。だけどここで負けたら一生泳げないんだと思ってがんばった。しかし22メートル。50メートルの半分も行っていない。でも、まずは25メートルが目標。あと3メートルだ。もう少しねばれば25メートル。

 最後の日。今日泳げなかったらもう泳ぐ時はない。N先生が一人ずつ泳ぎを見てくれた。ぼくの番。だめでもともとと、思いっ切り泳いだ。その時、先生が、
「そう、うん、その泳ぎ方でいい。」
と言ってくれた。ぼくは自信がついてきた。
「最後に50メートル泳ぐよ。」
と言った。泳げっこないよと一度は思ったけど、最後なんだから思いっ切り泳いで50メートル泳ぎたいと思い始めた。

 ついにぼくの番だ。N君がぼくの前に35メートルも泳いだ。ぼくにだってやればできる。バシャ。飛び込んだ。もう苦しくて、鼻が痛い。だけど本当の最後の最後。絶対に泳ぐぞ。この泳ぎ方でいいんだ。先生が言ってくれたんだ。と思って一生懸命泳いだ。

 25メートルのかべが見える。あと3メートルだ。いつもはここで立ってしまうんだ。パッ。やっと25メートル。10秒の休けい。天の助けだ。また泳ぎ出した。でもやっぱり限界だ。ザバッ。ついに立ってしまった。だけど30メートル。いつもの2倍。N先生の一言でぼくは勇気づけられて、自信がついた。そのおかげで30メートルも泳ぐことができたんだ。

 ぼくは苦手だと思い込んでいるだけで、弱気になっていたみたいだ。でも最後だということで努力した。そして、N先生の一言でぼくは勇気づけられて、自信がついた。15メートルしか泳げなかった情けないぼくからぬけ出して、30メートル泳げるぼくになった。今度から、この自信や経験を生かして、長きょりに挑戦して行くつもりだ。

小学校の卒業文集「かがやき」より
永遠の宝物

 僕は、中学に入ってから二つの大切なことを見つけ出しました。そして、それはこれからも僕の宝物としていきたいと思います。

 その一つは、友達です。なぜ今まで、気付かずに来てしまったのだろうと思ってしまうようなことだけど、僕の思い出は、友達とのことでいっぱいです。放課になるといつも、知らず知らずのうちにみんな集まって楽しく遊んでいた。行事があるごとに、いっしょに活動していた。ふざけていて、先生にしかられたときもあったし、友達のせいでけがをしたこともあった。楽しかったときも、苦しかったときも、ずっと友達といっしょでした。

 三年生のときの正月、僕はいいことを思いつきました。それは、今年来た年賀状をこの文集などといっしょに、とっておこうということでした。これなら、ずっと僕の宝物を見失わずにすむと思ったからです。でも、今の友達を、中学生のときの友達とは思いません。これからもずっと、もう会えなくても、友達であると思いたいからです。

 もう一つの僕の宝物は、今の僕の思い出です。つまり、この中学校生活全部です。例えば、部活です。一年生のとき、見たこともないパソコンを前にして、戸惑っていた僕たちに手とり足とり教えて下さったT先生のおかげで、パソコン部の部長になることができました。僕は、それまでこのような、みんなを引っぱるようなことは、ありませんでした。これは僕にとって、大きな経験でした。

 また、二年生の一学期の中間テストのとき、N先生が出して下さった学級十位以内の成績の一番上にある得点と、学年一位という言葉に、僕は大きく動かされました。僕がとりたくてたまらない順位を、いきなりとっているのを見たときは、驚きました。しかし、その驚きと同時に、こうなったら自分もとってやると思い、それから、今までになく勉強しました。このときは、僕が初めて自分から勉強したいと思ったときでした。

 それから、三年生になったばかりの時、新しいクラスに、僕と仲がいい人がほとんどいなかったので、さびしく思っていると、意外にみんな気軽に声をかけてくれたのでうれしかったです。友達が僕の宝物だと思い始めたのは、この頃のことです。そして、宝物だと思い始めてからは、どんどん友達が増えて、ほとんどの人と仲良くなることができました。

 これらの中学校生活の思い出は、僕だけが持っているものです。しかし、思い出は、この先、時が経つにつれて忘れていってしまいます。もっと早く気付いていれば、日記でも書いて形に残しておけたのに、と少し後悔もしていますが、今となってはどうしようもないので、僕の心の中にしまっておくことにしました。

 中学校生活で、僕が得たこの二つの宝物は、一生見失うことのない永遠の宝物です。そして、これからもずっと、新しい宝物を探し求めていくつもりです。

中学校の卒業文集「夢飛行」より

- Mobile Frontier v2.1 -