ホーム > 看護学生Q&A > 制度のこと


カテゴリ一覧
適性について
学生生活のこと
制度のこと
大学と専門学校の違いは?
准看護師と正看護師の違いは?
看護師以外の資格も取れますか?
就職に関して

大学と専門学校の違いは?

 看護師を養成する教育機関には、いろいろな種類があります。正看護師では専門学校、短大、大学など、准看護師では養成所や高校の衛生看護科など…です。これらの違いが分からない方がいるようなので、簡単に説明したいと思います。

 まずは正看護師の養成機関について。最初にも少し書いたように、主に1.専門学校、2.短期大学、3.大学の3種類に分けられます。すべて国が定めたカリキュラムに則った教育が行われているのですが、管轄は少し違います。つまり、専門学校は厚生大臣による指定、短期大学や大学などは文部大臣による指定になっています。

 では、具体的にどのような違いがあるのか?と言えば、大した違いはないように思います。一応、それぞれの特徴を挙げておきたいと思います。
  1. 専門学校
     卒業すると看護師国家試験の受験資格が与えられます。主に看護技術の修得に力を入れており、即戦力となる人材育成を目指しています。大学編入など、進学の道はあまり開かれていません。3年課程。

  2. 短期大学
     卒業すると看護師国家試験の受験資格と、看護学の準学士の称号が与えられます。卒業後に4年制大学への編入が可能となっています。3年課程。

  3. 大 学
     卒業すると看護学の学士、看護師および保健師の国家試験受験資格、場合によっては助産師国家試験の受験資格などを取得することができます。また、大学院への進学、他大学への編入などの道が開かれています。4年課程。
 最近では、短期大学や大学への移行が目立ちます。その理由としては、新しい学問領域としての看護学が確立されつつあり、より専門的な教育が必要になってきたことが挙げられます。以前は看護師不足もあり、専門学校で即戦力となる看護師を育てることに主眼が置かれていたのですが、人員の調整ができてきたので、今度は“質の向上”を目指そう…という感じでしょうか。

 では、専門学校から短大、大学へと移行することで、何が変わるのでしょうか? 簡単に説明します。専門学校では、「何をどうすれば良いのか」という看護技術を学びます。対して、大学では「何をどうすれば良いのかを自分で考えられるように」学ぶという感じで、看護技術+根拠(理論)を学ぶことになります。

 次に、准看護師の養成機関について。主に1.養成所、2.高校衛生看護科の2種類に分けられます。どちらも中学校卒業後から入学することができます。
  1. 養成所
     卒業すると都道府県准看護師試験の受験資格を与えられます。准看護師の資格を取得後、3年以上の実務経験を経て、看護師養成学校へ進学することができます。病院勤務しながら通学することが可能なことが多い。2年課程。

  2. 高校衛生看護科
     卒業すると都道府県准看護師試験の受験資格を与えられます。卒業後、看護師養成学校へ進学することができます。3年課程(定時制は4年)。
 准看護師制度に反対する意見が多く、将来的には准看護師を養成する教育機関はなくなると考えられます。

2001/12/06(Thu)
准看護師と正看護師の違いは?

 看護師には、(正)看護師と准看護師の2種類があります。では、これらはどのように違っているのでしょうか?

 保健師助産師看護師法には、それぞれ以下のように定めてあります。
  • 看護師
     厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。(第五条)。

  • 准看護師
     都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することを行うことを業とする者をいう。(第六条)。
 この規定によると、看護師と准看護師が行う業務内容は全く同じものになります。では、違いは何かと言えば、「医師・歯科医師または看護師の指示を受けて」という部分になります。これは、准看護師は看護師に比べて看護職員としての資格要件が異なるため、独立して業務を行うのは不適当であると考えられるからだそうです。

 准看護師制度は、国が戦後の看護師不足に対応する措置として発足されたもので、現在は准看護師の養成停止および制度廃止が議論されています。日本医師会は「准看護師養成と准看護師制度の維持」を基本姿勢として発表していますが、平成8年12月20日に開かれた厚生省「准看護師問題調査検討会」において、「現行の准看護師養成課程の内容を看護師養成課程の内容に達するまでに改善し、21世紀初頭の早い段階を目途に、看護師養成制度の統合に努める」と報告されています。

 現在、看護職の約半数を准看護師が占めており、日本の医療(特に地域医療)を支えています。しかし、最近では看護系大学が急速に増えており、看護職の供給が過剰になりつつありますし、医療の高度化、学問としての看護学の確立などから、より質の高い看護師育成が望まれています。すでに准看護師として働いている方々の看護師への移行教育も提言されていますし、今後は看護師制度が一本化されていく可能性が高いと思います。

 以上のようなことから、できれば最初から看護師免許を目指した方が賢明かと思います。ただし、准看護師養成学校では、看護助手として勤労しながら通学できるなどの利点もありますし、中学卒業後からすぐに看護の道へ入りたいという場合などには、ひとまず准看護師の免許を取得するのも良いかもしれません。准看護師免許を取得後、実務経験や養成学校を経て看護師になることも可能となっています。

2001/12/06(Thu)
看護師以外の資格も取れますか?

 「看護学校に入学したら、看護師以外の進路は閉ざされてしまうのかな?」と心配する人がいるようですので、少し説明したいと思います。

 看護学校で取得できる資格等には、主に以下のようなものがあります。
  • 准看護師試験受験資格
     都道府県の准看護師試験を受験する資格で、この試験に合格すると、准看護師免許を取得することができます。准看護師養成学校または高校の衛生看護科を卒業すると与えられます。

  • 看護師国家試験受験資格
     看護師国家試験を受験する資格で、この試験に合格すると、看護師免許を取得することができます。准看護師免許に加え、3年以上の実務経験または高校卒業を経て、看護師養成学校を卒業した場合、もしくは高校を卒業後、専門学校、短期大学、大学などで3年以上の看護教育を受けた場合に与えられます。

  • 養護教諭
     学校によって、卒業すると養護教諭課程を受験する資格が与えられるところや、卒業時に養護教諭免許が与えられるところがあります。養護教諭の免許には一種と二種があり、看護師免許を取得後に特定の養成学校を卒業するか、4年制大学で所定の科目を修得して卒業すると、養護教諭一種の免許が与えられます。短期大学または養護教諭養成施設において、所定の科目を修得して卒業するか、保健師免許を取得後、申請すれば養護教諭ニ種の免許が与えられます。

  • 保健師国家試験受験資格
     看護系の大学で所定の科目を修得して卒業する、または、看護師免許を取得後、特定の養成機関で6か月〜1年の教育を受けると、保健師国家試験の受験資格を与えられます。この試験に合格すると、保健師免許を取得することができます。保健師免許を取得後、申請すると養護教諭二種、衛生管理士の免許も取得することができます。

  • 助産師国家試験受験資格
     看護系の大学で所定の科目を修得して卒業する、または、看護師免許を取得後、特定の養成機関で6か月〜1年の教育を受けると、助産師国家試験の受験資格を与えられます。この試験に合格すると、助産師免許を得ることができます。ただし、男性はこの免許を取得することができません。
 結局、看護学校卒業後の進路としては、学校にもよりますが、看護師、保健師、助産師、養護教諭、一般企業などが考えられます。また、就職せずに進学することも可能となっており、大学院や他学部への進学、海外の看護学校への留学なんてことも可能となっています。

…と言うことで、看護学校に入学したら、絶対に看護師にならなければいけないかと言えば、そのようなことはありません。ただし、実際には看護師になる人が一番多いと思いますけど。

2001/12/06(Thu)

- Mobile Frontier v2.1 -