ホーム > 実習奮闘記 > 基礎看護実習 > 学内実習


カテゴリ一覧
基礎看護実習
学内実習
基礎看護実習A
看護診断実習A
基礎看護実習B
看護診断実習B
課題と対策
訪問看護実習
慢性看護実習
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

学内実習

 まず、私たちは看護介入を実践するために必要な基本的な知識と技能について、講義と学内実習で学びます。自分で身動きのできない患者さんの体位変換やセルフケア(入浴や清拭、洗髪、更衣など)、患者さんの状態把握の方法(血圧や脈、呼吸音など)、注射や鑷子(せっし:ピンセットのようなもの)などの医療用具の扱い方などについて学びました。

 この学内実習では、まだ患者さんを対象に看護介入を実践することができないので、学生同士で看護者/患者の役を分担して演習しました。男である私たちも基本的には女子学生の中に混じって実習しました(清拭や陰部洗浄などは別でした)。そのため、例えば寝たきり患者さんの体位変換などを演習するとき、女子学生を抱きかかえるようなこともあって…やり難かったことを覚えています。「男同士で実習させてくれたら良いのに…」とも思ったのですが、実際の患者さんでは、男でも女でも関係なく受け持つ訳でして…私たちが乗り越えなければならないことなのでしょうね。

 学内実習で最も辛かったこと…それは「立っている」ことでした。講義2時限分をまとめて実習に当てていたので、3時間ほど立ちっぱなしという状態…教官からの説明を聞くだけという時間も結構多かったりしたのですが、ベッドに座ることも許されず…実習が終わる頃には足が半ば棒になっていました。そのため、患者役としてベッドに寝転べる時間は天国でしたね(笑)。

 また、学内実習には実技試験なんてものがあったりして…これも学生を患者に見立てて看護介入を実践するというものだったのですが、ものすごく緊張して憂鬱なものでした。患者さんへの挨拶から始まって、指示された看護介入を実践していく…その過程すべてをチェックされるという具合でした。ベッドの高さを変えるのに患者さんに声かけを忘れる…これだけでも命取りという感じで、逃げ出したくなるくらい緊張しました。でも、再試験も用意してもらっていたので、結局は全員が合格できるというものでした。ちなみに私の場合、3回くらいやり直した気がします(汗)。



[前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -