ホーム > 看護学生Q&A > 適性について > 私でも看護師になれますか?


カテゴリ一覧
適性について
私でも看護師になれますか?
男でも大丈夫ですか?
血が苦手でも大丈夫ですか?
不純な動機かもしれませんが…
学生生活のこと
制度のこと
就職に関して


最近のコメント
急いでます
看護師に必要とされる適正なんてないのでは?
うん
できるだけ早めでおねがいいます!! (2)
私でも看護師になれますか?

2001/12/02(Sun)

 看護職を目指す場合、「自分でもなれるのか?」という不安を抱くのは、ごく自然なことだと思います。特に3Kとか8Kとか言われている看護の世界ですから…。はっきり言って、誰でも看護師になれるという訳ではないと思います。せっかく看護師になろうという意志を持って学校に入っても、途中で挫折してしまう人がいるのが現実です。

 では、看護師になるのに必要なことって何でしょう? 一般的に看護師に必要とされている適性について、簡単に紹介したいと思います。

 まず、絶対に必要と言われるのが、「健康な心身」です。看護師には夜勤もありますし、決して楽な労働環境ではありませんので、健康・体力がないと続かないと思います。また、人の命に関わる仕事をするので、そのような緊張感やストレスに耐えられるような精神力も必要とされるでしょう。

 次に、社交性やコミュニケーション技術が必要とされています。患者さんとのコミュニケーションはもちろんのこと、他の医療スタッフも含めて、人間関係をうまく形成する能力は必要でしょう。看護学校でも、友達なしで辛い実習や勉強を乗り越えるのは、至難の業かもしれません。

 それから、当たり前のことながら、優しさ・思いやりの心が必要です。看護師として、患者さんを支えていきたい…この気持ちがなければ、何も始まりませんから。ただ「白衣の天使に憧れて…」では、患者さんから必要とされる看護師にはなれないと思います(看護を学ぶ過程で、変わる人も多いようですけど)。

 最後に、学力を挙げておきます。まずは看護学校に入るためにも学力が必要ですし、入学後も看護に必要な幅広い知識を得なければなりません。さらに最近は、医療もコンピュータ管理されてきていますので、コンピュータはさっぱり…というのも少し困るかもしれません。

…ということで、少し厳しく説明してきましたが、私としては「それでも看護がやりたいんです!」と思える人に、看護の道を歩んでもらいたいです。たいていのことは努力で補えるはずなので、最終的にはやはり、看護への情熱が大切なのだと思いますし。

トシ


私でも看護師になれますか? に対するコメント 】

名 前
MAIL
URL
削除キー (コメント削除時に必要)
タイトル
コメント




[前頁]  [看護学生Q&A]  [次頁