ホーム > 携帯端末の基本 > au by KDDI > ブラウズ機能


カテゴリ一覧
DoCoMo
SoftBank
au by KDDI
概要
料金体系
メール機能
ネット機能
ブラウズ機能
画像
EMOBILE

ブラウズ機能

 公式ページに、EzWebブラウザの基本となるサイズについての記述は見当たらない。機種によってさまざまなサイズがあるが、機種別情報一覧で確認する限り、最も小さいもので横全角8文字×縱7行という端末がある。最近の端末では、基本的に横全角10文字以上を表示できる。

 EzWebがサポートする文字コードは、Shift-JISのみである。記述言語はXHTMLに対応する。一部の端末はフラッシュやCSS(スタイルシート)にも対応。JavaScriptには対応していない。

 現在ではPCサイトビューアー機能を備えている機種も多い。これはパソコン用のWebページを閲覧するための機能であるため、ここでは説明を省略する。

 EzWeb端末に付属するウェブブラウザのユーザーエージェントは、以下のような規則となっている。つまり、基本的に「UP.Browser」から始まるものがHDMLブラウザ搭載EzWeb端末、「KDDI-」から始まるものがWAP2.0ブラウザ搭載EzWeb端末、途中に「KDDI-」を含むものがPCサイトビューアーでのアクセスである。

 ユーザーエージェントから直接には端末名が確認できない。デバイスIDは端末名と関連付けてあるため、デバイスIDから端末名を割り出すことは可能である。

【HDMLブラウザ】
UP.Browser/ブラウザバージョン-デバイスID サーバー名

【WAP2.0ブラウザ】
KDDI-デバイスID UP.Browser/ブラウザバージョン (GUI) サーバー名

【PCサイトビューアー】
Mozilla/バージョン名 (compatible; MSIE バージョン名; KDDI-デバイスID) ブラウザの種類 ブラウザバージョン



前頁]  [携帯端末の基本]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -