ホーム > 実習奮闘記 > 慢性看護実習 > 実習を通して


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
慢性看護実習
実習の概要
実習を通して
重大トラブル
素敵な出逢い
確信犯
一人での実習
入院生活
素敵な仲間
先輩の餞別
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

実習を通して

 この実習は、私にとって最も印象深い実習でした。とても良い経験をたくさんさせていただき、学びも多かったですし、いろんな意味で充実した実習となりました。

 4週間という長い実習期間にも関わらず、私の感想としては「もっとこの実習を続けたかった」という感じです。もともと私の専門分野である『ターミナルケア』に関係する実習だったので、もっと続けたいと思うのは当たり前なのかもしれませんが、本当に「自分の求める看護が経験できた」という感じで、期待以上に良い実習になりました。

 実は初日から受け持ち患者さんとトラブルを起こして問題になったりもしたのですが、後から振り返ると、私は素晴らしい経験ができてラッキーだと思いますし、睡眠不足で倒れそうになりながらも真剣に患者さんと向き合えたことも、患者さんの転棟に伴って私も一人だけ別の病棟へ行って実習に臨んだことも、すべてが良き学び、良き思い出となっています。

 また、この4週間は実習メンバーと共に頑張ってきたという感じで、いつの間にか仲良くなれていたことが嬉しかったです。ずっと無口なイメージでやってきた私でしたが、控え室では妙にハイテンションで話し続け…「こんなに面白い人だとは思わなかった」と口々に言われたりしました。実習が終わった後もみんなで集まって打ち上げをしたりして…最高の仲間って感じです。

…ということで、終わってしまうのが惜しいほどに素敵な4週間でした。



前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -