ホーム > 実習奮闘記 > 慢性看護実習 > 入院生活


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
慢性看護実習
実習の概要
実習を通して
重大トラブル
素敵な出逢い
確信犯
一人での実習
入院生活
素敵な仲間
先輩の餞別
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

入院生活

 私が慢性看護実習に臨んだのは、11月の終わりから12月にかけて…という感じでした。この時期、街はクリスマスを意識して輝きだします。それは病院の中も同じでして…

 実習中、病棟にクリスマス・ツリーを出したいからと手が空いている学生が駆り出されました。手が空いている学生と言っても、結局は全員(5人)いたような気がします(実習はたいへんですが、常に拘束されている訳ではなく、控え室で実習記録をまとめたりしている時間も多いのです…と言うか、この記録が最もたいへんなのですが)。

 なかなか大きなツリーで、少しばかり苦労しましたが、何とか組み立てることができました。それから、綿で雪を表現してみたり、電飾や鈴などのさまざまな飾りを付けたりしました。幼い頃を思い出して、何だか楽しかったです。

 実習とは関係のない話になりますが、私も入院中にクリスマスを迎えたことがあります。実習させてもらった病院とは別の大学病院でしたが、そこでは、クリスマスに大学の吹奏楽団が来て、コンサートを開催していました。私は点滴をつけたまま、車椅子に乗って聴きに行った覚えがあります。入院していても、それなりにクリスマスの楽しみ方があるということを教えられた気がします。

 病院は治療をするところではなく、病気や怪我などを抱えた人が、病気と闘いながら生活する場なのだと、再認識しました。



前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -