親の仕事

 最近では多少は収まってきたのかもしれないが、世の中は学歴社会なんて呼ばれている。はっきり言って私も学歴社会の人間なのだろう。しかし、よく耳にする子どもの塾通いなどはどうかと思う。はちまきを巻いて、「絶対合格するぞ!」なんて叫んでいる子どもなどは可哀相で見るに堪えない。

 もし子どもができたとしても、私は「勉強」を強要する気はない。でも、馬鹿な人間に育ってもらうつもりもない。少し分かりにくいかもしれないが…とにかく、子どもは遊んでいれば良いと思う。…と言うより、子どもは遊ばなくてはいけないと思う。「子どもは遊ぶことが仕事」みたいなことを耳にすることがある。少し意味合いが違うかもしれないが、「かわいい子には旅をさせよ」という諺もある。まさにその通りだと思う。

 頭の良い人間を育てたいのであれば、それだけ子どもの頃から色々なことを学んでもらう必要がある。それは正論である。しかし、何を勘違いしたのか幼い頃から机上の勉強をさせる親がいる。それは絶対に間違っていると思う。

 小さな部屋に閉じ込め、電灯照明のもと、冷暖房完備された快適な温度で、イスに座って机に向かったままで、子どもたちに何を学べというのだろう? 何も学べやしないであろう。しかも、子どもの勉強することと言ったら、すでに答えが決まっていることばかりである。それでは、子どもの豊かな発想力などを削ぎ落としているようなものだと思う。可哀相である。


続きを読む→
[前頁][次頁]

[2]意見・感想
[0]トップに戻る
2001/08/25作成

- Mobile Frontier v2.1 -