ホーム > 実習奮闘記 > 母性看護実習 > パートナー?


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
慢性看護実習
母性看護実習
実習の概要
実習を通して
子守りの練習
戸惑いの面会
生命誕生の瞬間
意外なハードル
パートナー?
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

パートナー?

 母性看護実習は、学生2人がペアを組んで1人の患者さんを受け持つという形態だったのですが、私の実習グループは9人…ということで、1人だけは学生1人で1人の患者さんを受け持つことになりました。

 男である私は、必ず誰かとペアを組まなければならないということで、優先的に受け持ち患者さんを選択できたのですが…『ペアの相手を見て受け持ち患者さんを決めた』と思われるのがイヤで、敢えて仲の良い友達とはペアにならないようにしました。すると…その仲の良い友達が1人で患者さんを受け持つことになってしまいました。

 そのことに申し訳なさを感じた私は、友達が孤立しないように声をかけてみたり、実習が終わった後に居残って記録を手伝ったりしていました。みんなが昼休憩に行っても指導教官と話し合っている友達を見て、1人だけ残して行くこともできず、話し合いが終わるのを待って一緒に昼食をとったりもしました。このことは、2つの両極端な結果を導いたりして…。

 まず、良い結果として、記録を手伝った友達と仲良くなることができました。私は普段、女の子と2人きりというシチュエーションを避けるのですが、今回は自然な形で2人きりになって…最初は「大変そうだから」という理由で一緒に記録を書いていたのですが、いつの間にか「一緒にいると楽しいから」という理由に変わっていました。実習が終わった後に友達と愚痴や笑い話をするのが楽しみで、実習中もワクワクしていたほどです。

 次に、悪い方の結果ですが、私とペアを組んでいた子が実習最終日に涙を流していました。「自分は患者さんのために何もできなかった」ということで泣いていたらしいのですが、私の行動も原因になっていたらしく、「自分とペアなのに違う子とばかり…」とか「自分だけ先に帰って良いのかな…」などと辛い思いをしていたらしいです。申し訳ないことをしました。

 実習グループにおける人間関係には注意したいものです(汗)。



前頁]  [実習奮闘記] [次頁] 



- Mobile Frontier v2.1 -