ホーム > 実習奮闘記 > 急性看護実習 > 実習の概要


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
慢性看護実習
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
実習の概要
実習を通して
患者とのすれ違い
トイレの中
手術の雰囲気
食道発声
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

実習の概要

 急性期看護実習は、外科病棟で手術を受ける患者さんを受け持ち、周手術期の看護を学んでいくという実習で、大学附属病院で行われました。実習期間は4週間となっていましたが、実際に患者さんと関わることができるのは3週間のみでした。

 実習の流れとしては、まず初日にオリエンテーションと技術実習、2日目は各自で事前学習、3日目は手術や麻酔についてのビデオ学習、4日目はICUと手術室(術中を含む)の見学をしました。その後は実際に病棟で患者さんを受け持って看護過程を展開していく…という具合でした。

 この実習では、受け持ちできる患者さんが少ないこともあって、基本的に学生二人一組で一人の患者さんを受け持つという形になっていました。受け持たせて頂く患者さんは、実習期間中に手術を予定している患者さんで、実習がない日に手術が行われるなどの特別な理由がない限り、手術の際には手術室に入って見学させて頂きました。

 また、病棟実習の1週目の最終日(基本的に金曜日)と最終一日前にカンファレンスと呼ばれる話し合いが設けられました。このカンファレンスでは、自分がどのような患者さんを受け持ち、どのような看護をしているのかを互いに発表し合い、意見交換をしました。それから、実習最終日には実習担当の主任さんと指導教官と3人での面接がありました。



[前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -