ホーム > 取扱説明書 > 性格診断 > 扱い方

<< 扱い方 >>

ツキアイゲノム判別テストより

◇意見が対立したとき
 会議の場で最後まで釈然としない顔で「うーん」とうなっています。何が何でも自分の意見を通したいときは、一気にたたみけてケムにまいてしまいましょう。また、積極的に妥協策の意見を聞き出したい場合は、ミーティング後、二人で語り合える場所を再度セッティングすると良いでしょう。


◇怒りをなだめるとき
 まず二人っきりになって、怒りの根源に耳をじっくり傾けながら、精神誠意謝りましょう。最後に自分の率直な意見も伝えれば、相互理解度アップ。最後まで話をごまかしたり、ちゃかしたりしないことが大切です。


◇悲しんでいるとき
 感情表現するのが下手で、うまく悩みを打ち明けることができません。本人的には精一杯打ち明けたつもりでも、他人には何も伝わっていないことも。また、ブルーな自分が相手を不快にさせているのではないか?と気をもんで、周りに悟られないよう気丈な態度をとり、逆に愛らしかったりします。さりげなく近づいて、数少ないキーワードを頼りに、根気強くグチを引出してあげることです。


◇頼みごとをしたいとき
 人の力になれることがうれしいタイプなので、基本的には困った時の頼みごとはウェルカム。本当は用事があるのに、素直に言い出せなかったりすることもあるので、「あれ、お願い」的に適当な頼み方をしないことが、トラブル回避のコツです。それから、人知れず不満を胸の内にためているかもしれません。ねぎらいの言葉をわすれずに。


◇反省を促したいとき
 まくし立てるように怒るのはNG。正当な言い分があっても、うまく説明することができなくてフラストレーションを溜めてしまいます。相手の話をちゃんと聞くことができるタイプなので、正面から向き合って、ひと呼吸置いてから怒り、時間をかけて相手の話にも耳を傾けるのがベストです。


◇誉め称えたいとき
 表面からはわからないものの、じつは誉められたいし、自慢もしたいこのタイプ。正当な評価には素直に喜びを感じます。社交辞令ではないということが伝わるように素直に誉めればOKです。


◇ハッパをかけたいとき
 お為ごかしな褒め言葉やお調子を嫌います。ミーティングが終わった後などにさりげなく肩をたたき、「今度の君の仕事、期待してるよ」などと言うくらいが、ちょうど良いでしょう。



前頁]  [取扱説明書]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -