ホーム > 取扱説明書 > 性格診断 > もしも…

<< もしも… >>

ツキアイゲノム判別テストより

◇もしも上司だったら
 あまり口には出さないタイプですが、メンバーの様子をよく観察しています。頑張ってる“パフォーマンス”は、通用しません。「あんまり口うるさくはないから」となめていると、きっちり評価されていてビックリ…ということも。和を乱すようなわがままな振る舞いも嫌います。

 また、彼は「部下の面倒は責任を持つべき」という“責任感”にプレッシャーを感じています。何か悩みや相談があれば、個人的に打ち明ける機会をお願いして作ってみましょう。それが彼のプレッシャーの重責を取り払うことにもなります。二人っきりで話す上司は、いつもとは少し違う愛すべき一面を見せてくれるハズです。

 メンバー同士の人間関係も何気に把握していたりします。対立関係にある人間同士を、向き合わせるようなデリカシーを欠いた行動は取りません。それでいて、密かに「こうすればうまくいくのかしらん」と和解の対策を練っていたりもします。


◇もしも友達だったら
 団体行動の中では本音が見えにくく、口下手でなかなか本題を切り出さないあたりは、イライラすることもあるでしょう。でも、本当は冷静に周りのことを見て、仲間を気にかけています。実はメンバーのキーパーソンとして上司から見られていることもあるでしょう。

 適当にケムに巻いて誤魔化してしまおう、と思っているときに最後まで翻弄されずに難しい顔をしているのはこのタイプ。敵に回すのはあまり得策ではありませんね。自分があまりうまくしゃべれないことで、皆を不快にさせるのでは?と遠慮がちにしていますが、じっくりと話ができる体制を作れば、あなたの気がつかなかったすばらしいアイデアを持っているかもしれません。二人で話せる機会をたくさん作り、理解してあげましょう。みんなで会っているときに、「うーん」とうなっている口下手な彼の代弁者になってあげられるようになれば、もう深い友情で結ばれています。


◇もしも部下だったら
 うまく言いくるめようとしても、納得できないことに対しては全く無反応(というか無表情)です。おべっかを使ってくるようなこともあまりなく、自分から近づいてこないので、最初は扱いにくいタイプに思えるかもしれません。その反面、無口なやつだと思っていたら、「それ、自分はやりたくないです」と、きっぱりいい放って周囲をヒヤヒヤさせることも…!?

 お偉いさんの前だと、態度が変るような上司や、「こういう規則になってるから」と自分の意見を述べられないような上司に対しては、内心非常に冷たい目で見ていることもあるので、気をつけたほうがよいでしょう。ただし、ひとたび尊敬の念を抱きはじめると仕事上でも、アフター5でもついてくるようになり、ともに目的に向かって情熱を傾けてくれるベストパートナーになってくれます。さりげなく、新入社員の面倒を見ていたりもするので、下と上をつなぐよいパイプだったりもします。


◇もしも好きになってしまったら
 人と自分との距離感にたえず気を配っているタイプ。(近すぎてもダメ、遠すぎてもダメ。相手に応じて適度な距離を考えているのです)つまり、距離感がうんとあると感じてる異性から、ぐいぐい押されると、あからさまに迷惑な表情で逃げてしまいます。やんわり断ったり、じっくり時間をかけて、恋に発展させようかという発想はあまりありません。また、「遠くからあなたをずっと見てました」という一目ボレ的な告白も望ましくありません。そんなことを言おうものなら、「あなたはいったい私の何を知ってるの?」ということになるでしょう。ひざをつきつめて、ココロが通い合う近い関係になったタイミングで告白するのがよいでしょう。



前頁]  [取扱説明書] [次頁] 



- Mobile Frontier v2.1 -