ホーム > 携帯端末の基本 > DoCoMo > ブラウズ機能


カテゴリ一覧
DoCoMo
概要
料金体系
メール機能
ネット機能
ブラウズ機能
画像
SoftBank
au by KDDI
EMOBILE

ブラウズ機能

 公式ページによると、i-modeブラウザの大きさは、横全角8文字×縦6文字を基本としている。現在ではブラウザの画面解像度が大きくなってきており、横全角8文字しか表示できない端末は稀である。ただし、文字サイズ設定を最も大きいものにした場合、多くの機種で横8文字までしか入らなくなる。逆に言えば、最も大きい文字サイズに設定したとしても横8文字を下回ることはない。なお、縦については自由にスクロール可能であるため、こちらが問題となることはあまりない。

 i-modeブラウザでは、基本的に縦スクロール機能のみで、横スクロールはしない。そのため、<pre>などを使用した場合でも画面端で自動改行される。ただし、<table>を使用した場合などは横にもスクロールすることがある。

 FOMA端末では、CHTMLだけでなく、極一部のCSS(スタイルシート)やFlashにも対応している。JavaScriptには対応していない。

 現在ではフルブラウザ機能を備えている機種も多い。これはパソコン用のWebページを閲覧するための機能であるため、ここでは説明を省略する。

 i-mode端末に付属するウェブブラウザのユーザーエージェントは、以下のような規則となっている。つまり、基本的に「DoCoMo/1.0」で始まるものがmova端末、「DoCoMo/2.0」で始まるものがFOMA端末、途中に「FOMA」を含むものがフルブラウザからのアクセスである。

【mova端末】
DoCoMo/1.0/機種名/キャッシュ/状態コード/ブラウザ表示可能バイト数/個体識別情報

【FOMA端末】
DoCoMo/2.0 機種名(キャッシュ;状態コード;ブラウザ表示可能バイト数;個体識別情報)

【フルブラウザ】
Mozilla/バージョン名(機種名;FOMA;キャッシュ;状態コード;ブラウザ表示可能バイト数)



前頁]  [携帯端末の基本]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -