ホーム > 実習奮闘記 > 精神看護実習 > 実習の概要


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
慢性看護実習
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習
実習の概要
実習を通して
患者快調
おはよ!
優勝!?
万能感

実習の概要

 精神看護実習は、大学附属病院の精神科病棟での実習2週間と、民間の精神科デイケア施設での実習2日間から成りました。

 精神科病棟での実習では、1人の患者を受け持って看護過程を展開し、1週目に中間カンファレンス、2週目の最後にまとめのカンファレンスがあるという一般的な実習形態でした。

 デイケアでの実習は、受け持ち患者などは決めず、企画されているさまざまなプログラム(スポーツや内職など)に参加して、デイケアの通所者と関わるというものでした。

 また、実習期間中の1日を使って、学内カンファレンス(文献学習会)というものがありました。文献学習会というのは、学生が1人につき1〜2つの文献を担当して熟読、レジュメを作って他の学生に説明するというものです。私は「精神科領域におけるインフォームド・コンセント」という論文を担当しました。



[前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -