ホーム > 実習奮闘記 > 精神看護実習 > 患者快調


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
慢性看護実習
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習
実習の概要
実習を通して
患者快調
おはよ!
優勝!?
万能感

患者快調

 私の受け持たせてもらった患者さんは、若い男性で、いわばエリートだった人。会社でいろいろ悩むことがあって、神経症となってしまった方でした。ただ、実習が始まって受け持つ時点で「元気なので、特にすることはないかもしれません」と言われたくらいで、本当に何が問題なのか分からない感じでした。

 実習中は何をしていたかと言えば、患者さんと雑談をしていただけ。その雑談の中で、患者さんはよく「いいなぁー」と言っていました。私が看護師を目指して頑張っていることが羨ましいと言うのです。本気で看護師に転職しようかと考えているようで、看護学生−患者というより、看護学生−看護師に憧れる人みたいな関係になっていました。

 そして、実習期間中に患者さんは退院となりました。最後の実習にして初めて受け持ち患者さんが退院を迎えました。ちゃんと退院していく時にも立ち合うことができましたし、家族全員が明るい顔で退院していかれたので良かったです。ただ、精神看護は何にも学べていないような…まあ、いっか。



前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -