ホーム > 実習奮闘記 > 訪問看護実習 > 実習の概要


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
実習の概要
実習を通して
寂しい器材室
衝 撃
暗く寂しい幸せ
居ること
役不足
意外な一面
将来は何に?
慢性看護実習
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

実習の概要

 訪問看護実習は、その名の通り「訪問看護」を学ぶ実習で、2週間ほど民間の訪問看護ステーションにお邪魔しました。

 実習の流れとしては、まず初日に実習のスケジュール(いつ、誰のところに、どの看護師に付いて訪問するのかが記載された紙)を渡されました。それを見て、実際に訪問するまでに利用者(訪問看護では、患者ではなく利用者と呼ぶ)のカルテから情報収集し、実習記録に記入しました。また、実習に際しては毎回「行動計画表」と呼ばれる紙を看護師に提示しなければならなかったので、その記入にも追われました。

 それから、スケジュールに沿って利用者の家庭を訪問していきました。訪問は、基本的に看護師一人に対して学生一人という形で、1日に1〜2件、1回60分前後という感じでした。移動は車だったのですが、車内で看護師と二人きりというシチュエーションは、なかなかに息苦しかったです(人によっては、この車内での会話が楽しみだったという人もいるようですが…)。

 訪問して行うことは身体的なケアがほとんどで、入浴介助や清拭、洗髪などを実施しました。時には人工呼吸器の回路交換なんて大学病院でも実習できないようなこともあって…そのような場合は、ひたすら見学するだけでしたけど。

 訪問から帰ってくると、実習してきたことを実習記録に記入し、次に訪問する利用者の情報をカルテから収集し、行動計画表を書き、訪問し…この繰り返しでした。

 また、2週間の実習のうち、一日は老人保健施設でのデイケア実習に当てられ、週の終わり(金曜日)の午後にはカンファレンスと呼ばれる話し合いが設けられていました。



[前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -