ホーム > 実習奮闘記 > 訪問看護実習 > 寂しい器材室


カテゴリ一覧
基礎看護実習
訪問看護実習
実習の概要
実習を通して
寂しい器材室
衝 撃
暗く寂しい幸せ
居ること
役不足
意外な一面
将来は何に?
慢性看護実習
母性看護実習
保育園実習
急性看護実習
保健所実習
小児看護実習
精神看護実習

寂しい器材室

 訪問看護実習では、特にユニフォームというものはなかったのですが、「動きやすい服装」ということで、ジャージとトレーナーで臨みました。ただ、家からそのような格好で出かけていくのも恥ずかしいので、訪問看護ステーションで着替えることになったのですが…

 訪問看護ステーションというのは概して小さな施設だったりします。なぜなら、訪問看護を行うのは利用者の各家庭だからです。いわば、ナースステーションだけで一つの建物になっている状態なのです。

 …と言うことで、当然のごとく学生用の更衣室なんてものは存在しませんでした。

 そこで、私たち学生は昼食を食べたりする部屋で着替えることになりました。ただ、ここで問題発生…私は男なので他の学生と一緒に着替える訳にはいきません。

 …と言うことで、男子学生の更衣室として指定されたのが、『器材室』…小さな部屋で隠れたようにモゾモゾと着替え、その後、女子学生が着替え終わるまで廊下で待つ…たまに「もう入っていいよ」を言い忘れたとかで、ずっと廊下で待たされたこともあったりして…おいおい。男子学生は辛いですねャ



前頁]  [実習奮闘記]  [次頁



- Mobile Frontier v2.1 -