ホーム > 詩人の部屋 > 寂 寞 > 投票

<< 投 票 >>


  1. 寂 寞」に投票します。
  2. 下にあるチェックボックスにチェックして「投票する」にクリックして下さい。


 独りになると、昔の自分に戻りそうな気がする。

 真っ黒な服装をして、不機嫌そうな顔をしていた私…

 ズボンのポケットに手を突っ込み、首を傾げて歩いていた私…

 真っ黒なバイクに跨り、サングラスをして走らせていた私…

 他人を否定して、誰かが近づいてくるのを嫌っていた私…

 どうしてそんなに風に生きていたの?

 それはきっと、誰かに気付かれるのが怖かったからだろうね。

 自分のことを受け入れるのが怖かったからだろうね。

 自分が独りでいるのは、自分が避けられているからではないって、

 自分が独りでいるのは、自分が他人を避けているからなんだって、

 そう信じたかったんだよね?



- Mobile Frontier v2.1 -